cloud9 を登録して使ってみよう

 

cloud9 正式にはAWS Cloud9というみたいです。

AWS Cloud9Amazonが提供している総合開発環境(IDE)です。

総合開発環境とは................................よくわかりません(笑

 

とにかく、プログラミングを始める初心者にとってもかなり便利な機能だということで今回紹介します。

決してAmazonの回し者というわけではありません。いやほんと!

 

実際に、自分はこのcloud9を使ってプログラミングをしています。

 

プログラミングを始める際に躓くところといえば環境構築なのですが、その最初の壁を乗り越えられる素晴らしいものなのです。

 

cloud9を使えるようになるステップは

1.会員登録

2.ワークスペース作成

です。

 

アカウント作成には、クレジットカード番号が必要となりますが、

                     新規お申込みのお客様は 1 年間の無料利用枠をご利用いただけますので、AWS アカウント作成、無料利用枠内のご利用で請求が行われることはありません。

とのこと、なので安心してください。

 

サポートプランはもちろん無料のベーシックプランを選択し、登録完了です。

aws.amazon.com

 

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/22/15/28/directory-1273088__340.jpg

 

次に、ワークスペース作成です。

どうやらcolud9を使う場合はリージョン(地域)が限られているようです。日本から一番近いシンガポールにリージョン(地域)を設定しなおしましょう

 

ログインすると、AWSサービスの下に検索窓のようなものがあるので、そこにcloud9と打ち込んでください。

すると、ワークスペース作成が可能なページに飛ぶのでcreate environmentをクリック!!!

ワークスペースの名前などはご自由に(できるだけ簡潔に)、

・ settingでは Create a new instance for environment(EC2) ・t2.micro(1GIB RAM)

以上の二つを選択しましょう。(初期推奨でこの設定になっているはずです。とくに何も触らずにnext step -> create envirionmentしましょう)

 

hak-prg.hatenablog.jp

 

以上が、cloud9が使えるようになるまでの過程でした。

分からない人は、「cloud9使い方」とかで検索してみては?

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/08/09/18/17/dumbo-1581304__340.jpg