dossyのプログラミング初心者日記  〜ええんやで〜

自分が思ったこと、試したこと、outputしたことを書き殴ってやる。夢は、賢い人になること!!!

ruby installする時に、open ssl develを入れる理由

production環境で、ruby installする時って、

 

Unable to require openssl. install openSSL and rebuilt ruby (preferred) or use non HTTPs sources
 と出ることがあるらしい。
 

production環境では、ruby installする時に、opensslを入れる必要があるみたい。

 

これって、rubyを使う際にopenssl通信を使うことを必須化してるってことかな。

 

opensslを使用可能にしないと、rubyが使えないという仕様なのかもね。

これは、rubyを使う上ではセキュリティを最初にちゃんとかけてから使ってね♫

つーことかな!!!!(違うかったら教えてね)

ruby installする時にも、せめてもの暗号化ツールはいれておけよ!!!という、開発者側の優しさなんかな????

 

というのが、自分の解釈です。

railsでawsにdeployしよう!の概要を図にしてみました。

railsawsを使おうとしたときに、悩んだとこについて図にした。

 

railsawsインスタンスにdeployする時には、app_serverにunicorn

web_serverにnginxを用いました。

 

deployの自動化については、capistranoちゃんを使用しました。

 

 

f:id:fedox-toshi:20190612181045p:plain

 

以上がその概要をまとめた、図になりました。

こうして見るとかなり、簡潔ですが新しくこれをやるとかなり難しかったです。(deploy怖い)

 

なんせ、error出てもどこみたらええのかわからんのでかなり苦労しました。

 

まぁ、今回のやり方は教えてもらったものですので、参考までに。

 

qiitaにも書こうかなぁ〜。

 

みんないいね待っとるでよ。

 

あぁ、ecサイトを作ろうか

なんか、個人でやることに限界を感じて

ecサイトを自作しようとなりました。(成り行きで)

 

なんで、その際に詰まったこととかをqiitaでも呟きますが、

こちらでもつぶやこうかなと思います。

 

これを作り終わったら就職するぞ!!!

 

ecサイトっていわゆる、amazonとかmercariとかの電子売買サイトのことですね。

 

あれ作れたら、ビジネスできちゃうんで文句ないでしょう!!!(セキュリティのことは聞かないで欲しいですね・・・・・)

 

プログラミング始めた時に、目標にしていたecサイトを作成するという夢が叶いそうです。

 

ついにここまできたかと。。

 

作るのにはかなり時間がかかるとは思いますが、頑張る。

アルゴリズム問題を解く練習をしよう

アルゴリズム問題を解きたくなってきた。

これを解くと、賢くなった気になれるし、何より考え方が学べるよね。

 

じゃあ、何で勉強するの??

って話になるけど、練習問題がいっぱいある奴がいいよね。

 

なら、

paiza, atcoder, leetcodeとかがいいと思うよ!!!!(やったことないけど)

 

https://paiza.jp/challenges

https://atcoder.jp/?lang=ja

https://leetcode.com/

 

ただ、初心者が始めるのだったらpaizaからかなぁと思うよ。

少しだけ、その言語に慣れてきたかなぁと思うと、at coderとかいいね!!

 

leetcodeは有名企業の入社試験なんかで出される実力問題なので力をつけたいと思うのであればオススメですかね。

 

atcoderは他人のコードが見れるのでかなり勉強にはなるかな。

こんなやり方があるのかっ!!!!という、賢いやつの頭の中を見れるので楽しい。

俺は、賢くなりたい・・・

俺は、賢くなりたい・・・。

そう思えた時代が僕にもありました。

 

プログラミングをやっていると、優秀な人めちゃクチャいるんだ〜〜と再確認します。

 

で、プログラミングで優秀な人ってどんな人??と自分なりに考えた結果がこちら。

 

 

人による

 

文系ができないとか、理系ができるとかそんな話ではないなと思います。

賢い人は、

ロジカルシンキング+知識+端的な説明力

 

これを持っている人が賢くてスゲェーと思いました。

 

正直、理系だから文系だからというのは間違っていて、

理系は、理解できる知識を既に持っていたから。ロジカルシンキングを持っていたから。

にすぎないと思います。

 

文系でも、知識がある人は大勢いますし、ロジカルシンキングできる人も多くいます。

ただ、大学などで習ってきた情報が理系の方が多いという要因だけなのです。

 

理系だからではなく、”その知識がない”から苦手意識が出てくるのだと思います。

1を理解するためには、多くの基礎知識が必要になってくるのでそこで諦めてしまうことが多いのかもね・・・・。

 

なら、文理関係なく賢くなるには??

 

ロジカルシンキング+知識+端的な説明力

 

これですよ、これ!!!!

 

物事を細かく分割して、考える力。

達成するために必要な専門的知識。

人にわかりやすく伝える要約の力。

 

身につけたら、賢くなれる!!!!!!

 

 

 

はず・・・・。

Googleに行きた〜いなぁ

Googleに行こう!!!

 

どういうことか、Googleに就職しよう!ということです。

 

正直な話、GAFA(GoogleAmazon.comFacebookApple Inc)に入るということはかなり難しいと思っています。

 

でも、あのofficeで仕事してぇ〜〜。

やっぱり、あの自由さには誰もが憧れると思います。  

 

だって、社食が無料で、ビリヤードとかゲームスペースとかあるんですよ。

その辺のサラリーマンが、500円ランチで死にそうになっているのに社食はタダでしかも美味いと来たもんだ。

しかも、周りには刺激をもらえる仕事ができる人ばかり。

 

そら、そんな環境に身をおきたいでしょう。

環境って大事ですからね。

 

なので、Goggleに入るにはどうすればいいかを今一度素人ながら考えよう!!

というのが今回のお題です。

 

Googleのみならず、有名企業に行きたいのであればまず仕事ができる人にならなくてはいけないと思っています。

ここでは、新卒ではなく中途での採用に関しての話題です。

 

企業は仕事ができるを欲しています。

では、仕事ができる人とはなんなのかですよね。。。。。

 

 

以下が、自分で書き出したものです。

 

outputしている人

仕事が早い人(頭の回転が早い)

コミュニケーションが円滑な人(人柄がいい人)

物事を言い換えれる(いろんな知識を持っている)

問題解決能力がある(ロジカルシンキング能力)

人生で苦労を乗り越えた経験があるかどうか

 

Googleって行きたくて行く人ってもしかしたら少ないのかもしれないんですよね。

基本、Google側からoffer連絡がきて面接に移る形になるケースが多いみたいです。

 

これは、できる人をnetで探しているということ。

つまり、自分のprofileなんかがネットに上がってないとまず土俵にあがれん。。。 

(他の方法もあるんでしょうけど、ここでは省くよ〜。)

 

自分で書き出した6つの要素についてはこれから少しづつ書いて行きたいと思います。

 

というか、長文を書くのは苦手〜〜。

プログラミングを知って、情報を知って・・

勉強していると、記事を書くのを忘れますね。

 

qiitaとかはちょこちょこ書くんですが、ブログ書くって少し億劫になりがちですなぁ。

(qiitaはエンジニアの情報公開サイトみたいなやつです)

 

はい、三日坊主でしばらく開きました。dossyです。

programingってやり始めると結構スムーズに行きますよね。(多分)

 

まず、詰まるのが環境構築(cloud9が解決してくれる)

そして、やる教科書。

そして、何よりやる教科書と自分のpc画面が違うかった時の焦り具合・・・・。

 

そこで、詰まる人が多いんじゃないかなと。

 

なら、知ってる人に教えてもらえばいいんじゃないか?ですよね。

 

少し昔までは、そんなのなかったですが、最近ではスクールなんかも増えてきましたよね。

 

あと、mentaっていうサービスをご存知でしょうか?

経験者にお金を払ってわからないところを教えてもらえたりするサービスです。

https://menta.work/

決して回りものではないですよ。これ、自分も使おうかなと思っています。

 

結構安い値段設定の人もいるので少しわからなければ使って見てもいいんじゃないでしょうか?

こんな感じで、勉強ができる環境は次々と整われつつあります。

ただし、情報強者のみですが。。

 

ただ、これはいつの時代も同じですよね。知っている人と知らない人では大違い。

 

だからこそ、プログラミングなんです!!

調べる力もつくし、調べていたら新しい情報もたくさん入ってくるという、いいサイクルが出来上がります。

 

情報強者になりましょう。

というのがこんかい言いたかったこと。

なのか、自分でもわからないです。。。

 

 

文章書いてて、結論を見失いましたので、特にこの記事に意味はありません。

たまには、書こ・・・・・。